できればストレートコーヒーが良い

Posted 9月 15th, 2013 by admin

健康面を考えてコーヒーを飲むなら
断然ストレートコーヒーだと思います。

砂糖が入らないことで糖分を体に入れることはありません。
漂白した砂糖って体を冷やすって知ってましたか?

ミルクを入れるとどうなのでしょう?
脂肪分を摂取することになります。

好みでいろんな飲み方が有りますが、
苦手ではないのならストレートコーヒーを飲むほうが良いと思います。

私も以前はミルクたっぷり、砂糖も少し入れて飲みましたが
今ではブラックオンリーです。

専用のロースターがないと無理

Posted 8月 10th, 2013 by admin

焙煎って難しいです。

前にコーヒーの生豆を手にしたことがあったので焙煎してみたのです。
もちろん専用のロースターはありませんので、
鍋で乾煎りに。

弱火でじっくりと混ぜながらやったのですが
いれてみたものは焦げ臭いだけ。

実はコーヒーの木があったのです。

たまに実をつけるのを見てたのですが
いくつかまとまって収穫したためのチャレンジです。

飲み物を一から自身で作ってみるのが好きなため
現在はごぼう茶を手作りしていますが、
焙煎機はやはりほしいなと思ったりします。

業務用コーヒーは美味しい

Posted 7月 18th, 2013 by admin

業務用食材を扱っているお店が有ります。

そこには喫茶店やレストランで使っている
美味しいコーヒーなどもあるのですが、試しのみをした所
かなり良かったです。

その業務用スーパーには業務用コーヒーが飲めるスペースも有り、
安い値段で味わうことができました。

ただ、業務用サイズということですので、
買う方は決まってしまいます。

企業のオフィスのためのもの、お店で商品として提供してる所などなど。

大容量ですが美味しいと感じたら
お友達で買ってわけてもいいのではと思いました。

お酒との愛称も良い

Posted 6月 10th, 2013 by admin

コーヒーってお酒との愛称も良いとおもいます。

沖縄だと泡盛にブラックコーヒーを入れて飲まれる方もいるようですが
とても飲みやすくて感動しました。

コーヒーのブランドにもこだわりがあるコーヒー割。
もちろん無糖のストレートコーヒーをいれます。

この地域では泡盛の牛乳割りというのもありますが
これがまた不思議。
マッチして美味しいんですね。

コーヒーとお酒。

どちらも嗜好品です。
またコーヒーとお酒との共通点は、
それを使ったリキュール酒が作れるということもあります。

苦手な人にはフレーバーコーヒーを

Posted 5月 30th, 2013 by admin

本当にコーヒーが好きな人だと
豆そのものの香りとコクを楽しむものです。

でも人によってコーヒーが苦手という方も居ますね?

こんなに美味しいものを。
と思うのですが仕方ないものです。

でも飲んでみてほしいと思うもので、どうにかして飲ませてあげたい。
なんておせっかいも考えてしまいます。

そのようなときには苦味を感じさせないフレーバーコーヒーを入れてみてはいかがでしょうか?

コクというよりも、香りに魅せられて虜になる方は居ますし、
それが飲めたことで普通のコーヒーが飲めるようになる方も居ます。

コーヒーゼリーを作るとき

Posted 4月 7th, 2013 by admin

甘党で、コーヒーを飲むときにも砂糖とミルクを入れる方がいます。

でも、デザートとしてコーヒーゼリーを作るときには
ブラックで作って欲しいと思います。

ゼリーとして固めてしまっても、コクのあるコーヒーフレッシュや
ガムシロップをかけることで甘くしていただくことができます。

コーヒーを飲む際、ミルクを入れても綺麗に混ぜない方がいますが、
あれは混ざり合わさる前のコクを味わっているのだと思います。
無糖のコーヒーゼリーに後で甘さとコクを出すことは、
考え方としてはそれ似ているのだと感じます。

ゼリーにすることで砂糖が入っているととても甘く感じてしまいます。

美味しくないと感じるとき

Posted 3月 6th, 2013 by admin

大好きなコーヒーを飲んでも美味しく感じられない時があります。

これって体が健康じゃないからでしょうか?

それもあるかもしれませんが、
コーヒーが苦手、好きじゃないという人に
敢えて飲んでもらった所「コーヒーが好きになった」ということもあります。

これは実際にあったことです。

このコーヒーは結婚式で出たものです。

もしかしたら雰囲気もあるかもしれません。
マメが良かったのかもしれません。
あるいは煎れ方が良かったのかもしれません。

美味しいと感じるためにはシチュエーションも大事なのかもしれませんね。

普段からレギュラーコーヒーを飲まれている方でも
インスタントコーヒーが飲みたくなることもあります。

簡単に入れられることや、牛乳との相性が良いこと、
アイスコーヒーとして美味しいと感じることなどから
市販のインスタントコーヒーを買われる方も居ます。

でも常に飲んでいないと湿気によって固まってしまいます。
最終的にはスプーンでこそいでも全くすくえないことにもなります。

これを資源ごみとして回収するのにもなかを綺麗にしなければなりませんので面倒です。

もしインスタントコーヒーを買われるなら小さめの瓶をチョイススると良いでしょう。

どうしても使い切れないと思うなら、
白い人形を使ってそれで色をつけてもいいですし、
お菓子作りに使われてもいいのです。

無駄にしないことで捨てる際にも困ることはありません。

ジュースも手作りがいい

Posted 1月 6th, 2013 by admin

今日はこーひーではなく生ジュースのお話を・・・

甘い飲み物がほしい時に買ってしまうのがジュースなどのソフトドリンク。

小さい子だと常に甘い飲み物を与えがち、、、

市販のもの全てが良くないわけではありません。

たまには甘いものも必要ですし、外出先では仕方ないこともあります。
新発売のものだって味見もしたいものです。

でも、本当ならジュースだって手作りをしたほうがよく、
ビタミンCを摂取したいと思っているなら、
しぼりたての生ジュースを飲むことです。

ビタミンCは非情に壊れやすく加熱をすることでも失われるため
スロージューサーを使う方が増えています。
一般のジューサーでは過熱すると壊れやすい他の成分も壊れるようなのです。

また、時間を置くことでもビタミンCは酸化しやすいため、
出来立てのものを飲むのがいいのです。

メーカーのこだわりを感じる

Posted 11月 6th, 2012 by admin

私には好きなコーヒーブランドがあるのですが、
つい先日値段の安さからあまり買ってなかったブランドのコーヒーを買ってみました。

飲んでみるとなかなかです。

酷があるのはどこ。
苦味が上手く出せていているのはどこ。
ブレンドコーヒーならここ。

そんな感じで選んでいる方も多いでしょうが、
今回久々のブランドチェンジをして思ったことは、
メーカーのこだわりを感じたということです。

避けていたブランドでしたがなかなかハマってしまっています。