インスタントコーヒーは日本人の発明

Posted 10月 29th, 2011 by admin

インスタントコーヒーは、日本人の化学者、加藤博士によって発明され、全米博覧会で発売されました。

ここまでコーヒーが一般的になったのも加藤氏の功績でしょう。

豆から入れるレギュラーコーヒーしかなかったのですが、やはり入れていくのは結構大変ですね。

コーヒー豆は参加しやすいものですから、管理も大変になってきます。

こうした手間をなくしたのがインスタントコーヒーです。

Comments are closed.