コーヒーの歴史

Posted 4月 25th, 2011 by someone

コーヒーの記録は、900年頃アラビア人の医師によるものが最初と言われています。

コーヒーの薬理効果を認めていて、実際に、野生のコーヒーの種子の黄褐色の煮出し汁をバンカムと名付け患者に飲ませていたそうです。

文献には、”コーヒーには消化や強心、利尿の効果がある”という詳細な臨床結果が残されていて、これはコーヒーに関する最も貴重な初期の文献といわれています。

Comments are closed.